会員情報マイページショッピングカートカートを見る
プロがおすすめする健康生活応援サイト 楽だね
26,21,shoku
 おうちでお灸~下痢編~

下痢とは無縁の人
下痢は友達の人
体質が違うと言えばそれまでですが、いったい「下痢」って何??

下痢体質のあなた、非下痢体質のあなへ。
東洋医学からみるのお話です。
             

さて鍼灸師歴12年のわたくし、東洋医学の「下痢」を調べなおしました。。。
仕組みも言葉もあまりに小難しいのです。。
分かりやすくお伝えするために、ざっくりとした説明になりますがご容赦くださいませ。

~東洋医学の「下痢」~

一般的な下痢を東洋医学で言うと「泄瀉(せっしゃ)」と申します。
原因とされる事

・身体の水分が過剰   ・・・「脾」「腎と関係あり」
・身体の消化吸収の機能の弱り   ・・・「脾」「胃」が弱っている
・身体の冷え・疲労   ・・・「腎」と関係あり
そしてストレス、、、ストレスの関係ないものはないのですね。。

~下痢に良いツボ~

「脾・胃」または 「腎」の経絡を整えます。

「陰陵泉(いんりょうせん)」・・・身体に水分が多すぎる時に。
      →→ふくらはぎの内側を骨に沿って上へすり上げ、
         膝の手前で止まるところ。凹部。

「公孫(こうそん)」・・・身体の水分代謝をよくします。
      →→足内側、土踏まずのアーチの一番高い所。
             骨の際で表裏のさかい。
 

      

「水分(すいぶん)」・・・・お腹の水分代謝に!(その名の通りです)
              下痢にもよろし。 
              実は小腸系の経絡なのです。

            →→おへその上(親指幅分)
「関元(かんげん)」・・・・生理痛・お腹の痛み・下痢
              (特に下腹部の冷えにおすすめです)
               早朝に下痢になる人に特におすすめ
              「臍下丹田」と呼ばれています。            
      →→おへその下(指4本分つまり手の幅ですね)



~ちなみに~

早朝の下痢のことを東洋医学では「鶏鳴下痢(けいめいげり)」
  →→鶏が鳴くころの下痢 と言います
鶏鳴下痢の人はお腹の冷えが原因のことが多いです。
お腹をあたためる、夜のビールをさけ、温かい飲み物に変えるのもいいですね。
戻る
back
written by mino
 
山正 長生灸(200壮入り)
鍼灸師おすすめのお灸はコチラ!
レギュラー(ふつう)
ライト(ぬるめ)

ツボの説明書つき♪
¥2,300(税別)